本サイトでは本気で学ぶIoT(以下、当講座)をお申し込みされた方専用に当講座のテキストを掲載しております。テキストを閲覧するにはログインをしてください。

※ログイン情報は別途【本気で学ぶIOT】という件名のメールをお送りしています。もしメールを受け取れなかった方は、パスワード再発行画面から登録されているメールアドレスを入力して再度メールを受信してください。

メニュー

本気で学ぶIoT(基礎編)

基礎編のみご購入いただいた方は、上記テキストの閲覧期限が2019年12月31日までとなっております。PDFでテキストを閲覧されたい方は下記リンクよりPDFをダウンロードお願いします。

テキストのPDFダウンロード

もっと本気で学ぶIoT(応用編)

はじめに

本気で学ぶIoTは皆さんが6ヶ月で簡単なIoTシステムを自分自身で作れるようになることを目指してサービス提供しています。より効率よく学習するためにいくつか私たちと約束をしましょう。

最新の開発環境を使う

当講座を受講するには最新のPCやブラウザが必要になります。特にWindows 8やそれ以上古いOSの場合は動作保証対象外となります。

  • OS
    • Windows 10
    • macOS
    • Linux
  • ウェブブラウザ
    • Google Chrome

お客様ご自身で用意していただくもの

また以下のものはキットに同包しておりませんので、お客様ご自身でご用意お願いします。

  • 開発用のPC(Windows 10またはmacOS、Linux)
  • 2.4GHz帯のWi-Fi環境(Raspberry Pi Zeroは2.4GHzのみ対応しているため)
  • SDカード端子のあるPC、もしくはSDカードリーダー
  • USBキーボード
  • HDMI端子のあるディスプレイ
  • HDMIケーブル

どうしても分からないときは質問する

皆さんの中にはハードウェアに詳しい方も、ソフトウェアに詳しい方も、プログラミング経験がほとんど無い方もいらっしゃいます。当講座のテキストを読んで理解できないことがあるからと言って不安にならないでください。IoTエンジニアは実に広い分野の知識を要するので、たまたまあなたが知らない分野のテーマだったのかもしれません。

わからないことがあったら最初にGoogleで検索してみてください。少し調べても分からなかったら、すぐに私たちに質問してください。質問するには以下のテクニカルサポートからお願いします。私たちサポートスタッフが迅速に対応します。

本気で学ぶIoTテクニカルサポート

弊社営業時間は平日の11時〜18時までとなっております。またご連絡頂いた際には2営業日以内にご返信いたします。

Pythonを勉強する

当講座のサンプルプログラムは主にPython 3を使用しますが、Pythonを教えることが当講座の目的ではないので、基本的なPythonの文法やプログラミングについてはある程度ご自身で勉強して頂く必要があります。推薦図書を本記事の最後に記載していますので参考にしてください。

サンプルプログラムの利用について

当講座で使用するサンプルプログラムのライセンスは「Apache License 2.0」を適用します。

したがって、サンプルプログラムを皆さんの商用ソフトウェアに組み込んで利用していただいても問題ありません。

詳しくはライセンスのドキュメントをご確認ください。

Apache License 2.0(日本語訳)
Apache License 2.0(原文)

推薦図書

皆さんの学習をより高いレベルに引き上げるための推薦図書をご紹介します。もちろん書籍なしでも十分な学習ができるようになっておりますが、苦手な分野については書籍で学習することをオススメします。

Pythonについて

RaspberryPiについて

シェル

Gitについて